会社方針


会社方針

 横浜都市総合企画は平成3年2月に設立以来、不動産鑑定業者として北は北海道から、南は九州まで5000件を超える不動産の鑑定評価を行ってきました。この実績と経験を基に今後は相続問題全般に関わってゆく所存であります。これからの日本社会は、高齢化が進行し平成25年で65歳以上の高齢者の割合が約25%であったものが、20年後の平成45年には約35%程度になると予測されています。実に3人に1人の割合の超高齢化社会が到来するのです。これに伴い相続問題の発生件数も増加してゆくでしょう。相続問題は単に税金の問題だけでは無く、法律、土地の評価、相続人間の心理等多岐に亘ります。
 残すべき財産のある方は、その財産の大小に関わらず、残された方々が喜んでそれを引き継ぎ、円満に分割相続されるようにしてあげたいものです。その為のお手伝いをさせて頂くのが、私どもの役目であり使命であると考えております


代表取締役のメッセージ

DSCF00221

 現在の日本は、4人に1人が65歳以上の高齢者で占められている高齢化社会に突入しております。それに伴い相続に関して家裁に持ち込まれる相談件数は平成23年には18万件近くに及ぼうとしております。これから到来する超高齢化社会、すぐそこに迫る増税等、望むと望まざるとに関わらず、全ての人が、自分や家族の相続問題について真剣に考えざるを得ない時期に来ております。
 相続問題は、単に税の問題だけでは済みません。法律、土地の評価、心理的なケア等多岐に亘ります。不動産鑑定士を中心に、税理士、弁護士、土地家屋調査士等との相続支援ネットワークを活用して、相続に関するあらゆる問題に対して最高のコンサルテイングをご提供いたします。